スポンサーリンク

TC24セレナのパワステオイルの交換の記事

こんにちは。

 

今回は、日産セレナのハンドルが重いし、走行中に左にハンドルが取られる事を受けて自分がした事を記事にしていきます。

 

まあ最近の車にはパワステが付いていると思うのですが、あれがあるおかげでハンドル操作が軽かったりしますよね。

 

であのパワステにもオイルがあり大体交換目安が5万km〜10万kmみたいです。

 

本来赤いオイルなんですが劣化していると真っ黒になっています。

 

私の車も真っ黒になってました。

左が新品のオイル、右が取り出したオイル。

 

一目瞭然ですよね(笑)

 

 

 

 

交換に必要なもの


・パワステオイル
・スポイトなど
・オイルを入れるもの(ペットボトルとか便利)
・ジャッキ

 

ここでなんですが、スポイトを使ったり、灯油を入れるシュポシュポを使ってみたのですが、オイルを入れる穴に入らなかったり、スポイトでは時間がかかりすぎて効率が悪すぎたんです。

こんな感じで全然吸えなかったんです( ;∀;)

 

で最終的に使ったのが、この下の注射器のような商品↓↓↓

TAUWELL 【プラスチックシリンジ】 100ml 多機能注射器 大型プラスチック100mlシリンジ+ 便利なプラスチックチューブ
価格も安いですし、使い勝手は良いと思います。先端がチューブになっているので浅い所も吸えるんですよね。で吸ったらペットボトルに入れるという感じです。

 

話が飛んでしまいました。では行きます。

 

パワステオイルはどこに入っている?


左上の白い容器でキャップは黒い部分です。

これですね。

 


ちなみにパワステオイルは日産純正をネットでゲット。
エンジンオイルはコメリの物を使いましたが、パワステオイルやCVTオイルなどは純正の物が良いと思います。

 

楽天では・・・

上の商品なんですが、値段的に結構高いんかなって感じでしたが1000円切るとは(笑)でも送料が別なんですけど、これを買った時は7が付く日は送料が無料だったのでその時に買いました。
今は3500円以上で、7が付く日は送料無料になるのでもし色々買う予定があるならこちらもおすすめです。

 

 

Amazonでは・・・

Amazonでは1400円前後になっています。送料も込ですし、アマゾンがお気に入りの方はおススメ(^^)/

 

 

でAmazonで調べていたら品番が違うのがあったんですね。
「これって車によって使い分けられているのか?」と思って調べてみました。
このサイトが分かりやすかったのでリンクを貼っておきます。↓↓↓

 

 

 

交換手順

話が飛びまくっていますが、交換手順を書いていきます。

 

1、ジャッキアップをする


ハンドルを左右にいっぱいきる事でオイルが循環するので、前輪が浮くようにジャッキアップをしていきます。とりあえず車体の真ん中あたりをジャッキアップしました。

 

2、エンジンをかける・オイルを抜く


ジャッキアップが終わるとエンジンをかけます。
そしてパワステオイルのキャップを空け、注射器でオイルを出しては、ペットボトルに入れます。
※この画像は灯油などを入れるやつですがこれではオイルが抜けませんでした(笑)

 

 

3、オイルを入れる

ある程度オイルを抜いたら、今度はオイルゲージの半分ぐらいまで入れて、ハンドルを左右にきっていきます。オイルを循環させます。

 

 

4、オイルの入れ替えを数回繰り返す


2と3を3回ほど繰り返していきます。だいぶ綺麗になってきました。

 

 

5、最後はオイルを上限まで入れる


最後はオイルレベルゲージの上限までパワステオイルを入れてキャップを締め完了(^^)/

 

 

 

まとめ

交換に必要なアイテムと前輪を上げられるジャッキなどがあれば比較的簡単に交換できましたよ(^^)/
でも実感としてはあんまり変わってない感じが・・・・(笑)

 

でも気持ち的に愛車なので丁寧にメンテナンスをしてあげる事で長く乗っていけると思うんですよね(^^)/

 

 

簡単に書いていますが、誰かの役に立てばと思います。

スポンサーリンク

参考になればポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへにほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ

SNS

 
ページの先頭へ戻る