スポンサーリンク

ドラム式洗濯機の修理


以前もジモティでパナソニック製のドラム式洗濯機を5000円で購入し使っていました。

 

 

そのドラム式は乾燥機能が壊れていましたが、その前は4.5`くらいしか洗えなかったので、9キロにアップする(^^)/との事で購入。

 

 

確かに乾燥機能は使えなかったのですが、自分たちで干して不自由なく生活出来ていました。

 

 

 

時に壊れたとかは無かったのですが、「やっぱり朝忙しいのに、洗濯物を干して、夕方回収するのはめんどくさい!!」って思って、またジモティで検索。

 

 

 

ドラム式洗濯乾燥機はあるけど、だいたい、10年落ちくらいで、3〜4万ぐらい。

 

 

 

「いやー、高いなー( ;∀;)」

 

 

って感じでちょくちょくジモティを見ていると「脱水時に音がひどい!!」8000円との事。

 

 

 

一度ドラム式洗濯機を分解したことがある私は「おそらく何かの金属が当たってるんだろう」と思い、

 

 

 

「しめしめ、これは買いだぞ!!」

 

 

 

と思い、相手に乾燥機能が正常に動くことを確認し購入することに。

 

 

 

はるばる、2時間ほど軽トラに揺られ、取りに行きました(^^)/

 

 

 

それがこちら

 

日立製  BD-V2100
色々調べてみると名機らしく喜んでいました(^^)/

 

 

早速後ろを開けてみることに・・・。

 

 

 

 

(・_・D フムフム・・・。

 

 

確かに擦れた跡がある・・・。

 

 

で、下の方を確認すると下の画像のように、バネが2つ落ちていた。

 

「ん・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

構造から考えて、ドラム式洗濯機っていうのは、脱水時などに回転するから外に圧がかかるのを、両足と上から引っ張ってバランスを取ると推測できるので、このバネは上のどこかについている物だろうと推測。

 

 

ビンゴ!!

 

 

 

プラスチック製のバネの留め具が破損しているのを発見!!!

 

 

 

「これが原因でドラムが制御できずに、後ろに擦れ、大きな音が出ていたんだ!!!」

 

 

 

原因は分かったが、今度はこのバネを取り付けないと使い物にならない!!

 

 

 

「さーどうするかな・・・?」

 

 

 

第1の案として、100均の針金と結束バンドで固定してみる。

 

 

画像はないが「結構しっかり付いてるやん」って感じだった。

 

 

 

「洗濯機の回転する時の圧は相当なものだから、もっとしっかりくっ付けたいな」と思う。

 

 

 

たまたまホームセンターに見に行くと、金属製で良い物を発見。

 


U字で留め具がネジで回すと固定できるいい物を発見。

 

 

その時には「これだ!!!」って閃きましたね(笑)

 

 

 

早速設置する。

 

 

金属製の為、脱水時の振動で、音がすると思ったので、100均のクッションなどで保護し、防音対策を行った(^^)/

 

 

 

見事に成功!!!

 

 


さらに振動時音が出ないように、後ろを開けているときに防音対策を行った(^^)/

 

ちなみに後ろを開けるのは、後ろ側についているネジをすべて外すと出来ます。その時に場所によってネジの種類が違うので、分かる様に工夫するのが良いと思う。

 

 

で、漂白出来る所は漂白し、すべて元通りに戻し試運転。

 


いい感じに動いている!(^^)!

 

 

 

これは洗濯槽クリーナーで洗浄している様子。

 

 

結構汚れが浮き出て生きています。

 

 

 

乾燥機能もしっかりしており、問題なく使えています。

 

 

 

しかし、、、

 

 

 

まさかあの部品が外れている事は知っていたが、あんなことが起こるとは・・・。

 

 

 

 

そして、数日使った日のある朝・・・・。

 

 

 

 

洗濯機の床が水だらけになっていたのです。。。

 

 

 

「まさか・・・・。」

 

 

 

私は購入時後ろを分解していたので、落ちていた部品も、設置する場所もわかっていたのですが、なんせ「大丈夫だろう(笑)」って軽く考えていた。

 

 

原因はヒートサイクルの仕組みにある。

 

 

ヒートサイクルはドラムの中の熱を循環させるようだが、その間の配管がゴムになっており、そのゴムを金属製のわっかのようなもので固定するのだが、その金属製の物が購入時に落ちていたのである。

 

 


とりあえず全面を分解していく。

 

全面の分解は初めてだが、YouTubeで勉強しいざ!!!(笑)

 

 

天板はネジ2つとはめ込みなので、ネジを外し、天板を外す。

 

 


続いて、サイドのパネルを外していく。

 

サイドパネルの外し方は、力ずくである(笑)

 

 

コツとしては、上に引っ張る感じ。爪が下向きについているので、そんな感じで外した。結構外しにくかった。

 

反対も同様に外す。

 

 

 

で問題の水漏れしている箇所は。

 


上の画像のように本体の右上の所にある、ゴムの所が外れている。

 

脱水時はドラムの全体に水が飛び散るわけだから、そんな所が外れていたら、当然、水が漏れるのは当たり前だ( ;∀;)

 

 

 

おそらく、ドラムを制御する上のバネが、壊れた時の振動か何かで外れてしまったんだと思う。

 

 

 

でも、「購入時に破損部品がすべて本体の内部に落ちていてよかった。これが無かったらたぶん直せてなかった」

 

 

 

 

でドアの所のネジと、サイドのパネルを外した所に2か所づつネジがあるのでそれを外すと全面パネルが外れる。

 

 

 

 

ホントなら、ドラムの蓋部分もネジで固定されているので外して、そしたらパネルも外して下に置けるのだが、蓋の部分のネジが1つ馬鹿になってしまって、ちょっと持ってもらっての作業になった。

 

 

無事金属製のロックが付けれた。

 

 

 

試しに、洗濯機を動かしてみると、正常に動いた。

 

 

「やっぱ、自分は天才やな」とほれぼれするのでした(笑)

 


ちなみに真ん中も綺麗にしてみた(^^)/

 

 

 

 


ちなみに後ろを開けたらこんな感じ。

ここの中にほこりなどの汚れがよく貯まるんですって。

 

 

 

 

今回は色々トラブルがありましたが、今は正常に動いていています。

 

日立製ドラム式洗濯乾燥機BD-V2100を購入して

 

元々購入しようと考えたのは、やっぱり楽だから!!

 

 

乾燥までしてくれる事で、干す手間、回収する手間が省けるので、その時間を有効に使えると思うんです。例えば子供との時間。自分の余暇時間。

 

人間余暇時間が無いとギクシャクしたりしてしまうと思います。

 

 

ドラム式洗濯機に20万30万払って購入するのも良いと思うが、私は今ある資源を有効に活用してエコで、お財布にも優しく、精神面にも優しい生き方が出来れば良いと考えています(^^)/

 

 

忙しい時代だからこそ、うまく道具を使って、快適な生活をしていきましょう。

 

またいいアイデアあったら記事にしていくので、よろしくお願いします(^^)/

 

スポンサーリンク

参考になればポチッとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへにほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ

SNS

 
ページの先頭へ戻る